ぷにあな3D・レビュー



ぷにあな3D
メーカー:EXE
ジャンル:まったりリアルホール


”ぷにあな”はEXEを代表する人気のオナホシリーズです。5,000円の大型ホールとしてひっそりと誕生したのが初代「ぷにあな」。そして第2弾の「ぷにあなDX」の大ヒットにより、低価格帯大型ホールを代表する存在となります。(ぷにあなDXにはノーマルの他にハードエディションとふわとろバージョンもある)2015年には重量4キロで”骨格”が内蔵されたトルソー型の「ぷにあなSPDX」が登場。そして2016年の最新作が今回購入した「ぷにあな3D」。今までは大型ホールでしか存在していなかった”骨格”を、初めてハンドホールに内蔵した歴史に名を遺す商品です。


EXEのパッケージは豪華で無駄に大きいことが多いのですが、これは質素でコンパクト。


「エクセレントローション こってり濃厚タイプ」と書かれたパウチローションが付属。パウチローションは漏れて汚くなることが多いのですが、これはジェル状に固まっていてとても使いやすかったです。


分厚い袋を開けると中からまた袋が・・・ここまで厳重に密封されているオナホールに出会ったのは初めて。


手にしてすぐ骨格が内蔵されているのがわかりました。中に缶のようなものが埋め込まれていて押すと軽くペコペコ反発するようなイメージの感触。全体的に堅くてガッシリしてるので、とても持ちやすく使いやすいです。『外側が堅くてサラサラしているのに、中側がネットりしていて柔らかい』そのコントラストが新鮮に感じましたが、それ以外は特別新しい感動はありませんでした。「すじまんくぱぁ!ろりんこ」の何度でも破れない純潔膜を体験した時の方が感動したかも。



背面から撮影。この”後ろ姿”は見飽きましたね。トルソー型のハンドホールは、みんなこのフォルムです。



骨が見たかったので数回使ったのちに分解してみることに。想像してたのとは違い、薄くて柔らかいフニャフニャした骨でした。本体を持った時、堅く感じたのは、中に肉がギッシリ詰まっていたからでしょう。すべての肋骨の間から肉が通されてしっかり固定されていたり、ホールの部分が奇麗に中央に押し込められていたり、分解して見てみると丁寧な作りで手間がかかっているのがよくわかります。


大きさ、重量(約400g)とも「すじまんくぱぁ!ろりんこ」(左)に近いです。



ハンドホールで最大級の「濡れ観音」(右)と比較して撮影。


購入レビュー

18歳未満の方の閲覧は厳禁!レスポンシブWEBデザインで”スマートフォン”にも対応しています。ドロップダウン式のメニューが煩わしい方は「サイトマップ」からご覧ください。

Page top icon