名器シリーズ

「名器シリーズ」とは?

日暮里ギフト社(N.P.G)が”リアルな女性器に近いオナホール”の開発に着手したことからすべては始まります。産婦人科医の協力(のべ1万人を実際に検診)を得て、モニターテストを繰り返し行い、7万人に1人しか存在しない最上級の名器を、”穴のない穴”と称される革新的技術「無次元加工」で再現した中型ホール・・・それが「名器の品格」です。名器の品格は、今までにない斬新なオナホールして大成功を収めます 。名器の品格の大ヒットを受けて、AV女優のアソコをかたどったホール「名器の証明」をN.P.G+KKベストセラーズ(出版社)+中島化学産業(ペペローションで有名)の3社共同で企画(第一弾の女優は小澤マリア)・・・その後、人気シリーズとして定着し、現在でも続編が次々と作られています。


所有している「名器シリーズ」のオナホール


名器の品格



名器の品格・絵色千佳



名器の証明002・吉崎直緒

lovebody(ラブボディ)シリーズ

lovebody(ラブボディ)シリーズとは?

A-One(エーワン)社が送り出している人気シリーズで、現在のエアドール人気に火をつけた立役者。2005年8月に誕生した「kumi」が、シリーズ第一弾。最初は胴だけの簡単な作りだったのが、胸がグラマーになり、腕がつき、美脚がつき、頭部がつき・・・実際の人間の姿に近づくように進化してきている。ただ、第7弾の「hina」が一応の完成形ではないかと言われている。(さすがにエアドールに、これ以上の進化ができるかどうか?)


所有している「ラブボディ」シリーズのエアドール


ラブボディ・Risa



ラブボディ・Aki



ラブボディ・miyu



ラブボディ・Hina


リアルボディ型ホール

リアルボディ型ホールとは?

リアルボディ型ホールは、「実際の女性の胴体をリアルサイズで表現した超大型のホール」。”トルソー型ホール”とも呼ばれています。(トルソーはイタリア語で胴体を意味する単語)トルソー型ホールは、最近登場した新しい物ではありませんが、以前は価格が10万円近くもする高価でマイナーな商品でした。2011年、 3万円で購入できる「Eカップ看護士・加奈子さん」(フレンド技研)が誕生。庶民のオナホールユーザーでも気軽に購入できる時代に・・・!続編の「もち肌Dカップ・ロリボディーめぐみちゃん」が、2万円台前半の価格まで下げられたことにより、需要が増大。一般の販売店でも大きく取り扱われるようになります。2013年の年末、NPG(日暮里ギフト)より16キロの超重量級ホール「ミラクルエンジェルボディ」が4万円台で登場すると、メーカーも驚くほどの爆発的な売れ行きを誇り、ついにブームが到来。2014年には新商品が続々と誕生しています。


所有している「リアルボディー型ホール」


グラマラスミニボディもな



購入レビュー

18歳未満の方の閲覧は厳禁!レスポンシブWEBデザインで”スマートフォン”にも対応しています。ドロップダウン式のメニューが煩わしい方は「サイトマップ」からご覧ください。

Page top icon