電動ホール

バーチャルセックスマシーンの今後に期待!

かつては男性向けの電動アダルト器具といえば亀頭マッサージャーくらいしか存在せず、電動ホールという言葉すらありませんでした。電動ホールをオナホールの1ページに加えたのが2009年にRENDS社が開発した「A10サイクロン」。その後、他社が「A10サイクロン」を真似るという形で電動ホールは普及していきます。生まれる時代が早すぎたため受け入れられなかった者も。それはアダルト動画の映像にオナホールが連動して動くバーチャルSEXマシーン「VFTユニット」。ユーザー同士で繋がりあえる通信システム等の開発も予定されていましたが、売り上げが伸びず夢半ばにして消えていきました。その夢を継いだのが2015年の5月にVORZEから発売された「A10サイクロンSA」。ようやく時代が追いついたようで”性家電”としてメディアにも取り上げられるほどの注目ぶり。「MAIKO-DOS」「サイクロン-X10 USB」など新たな商品も登場し、バーチャルSEXマシーンは普及しつつあります。

A10ピストン・SA


2018年3月「A10サイクロンSA」で名高い”VORZE”よりピストン型電動ホールの究極機が登場しました。今の主流のピストン型電動ホールはモーターの回転を直線運動に変換する”クランク式”。パーツが少なくて済むので価格は抑えられていますが安定感に欠け精巧なピストン運動はできません。今回開発された新機構はレールとベルトで動かす”レールポジション式”。緻密なほど正確な動作と超静音性を初めて実現しました。超低速でのピストン運動も可能。その分パーツが多く(本体サイズも大きく)価格は高価になっています。

A10サイクロン・SA +PLUS


2014年5月”バーチャルセックスマシーン” 『A10サイクロンSA』 がVORZE(RENDSの新ブランド)より登場。次世代の”性家電”としてオナホール業界だけでなくテレビやマスコミでも話題となっています。「+1D(プラスワンディ)」テクノロジーで作成されたアダルト動画に連動し、コンピューターが内臓ホールを自動制御。公式に配信される動画のほか自分の好きな動画でプログラムを作成することも可能。動作の種類は【速度7段階×パターン7種類】。今まで難しかった「じわじわ責められる超低速」も可能にしました。高性能モーターと静音構造で”驚くほど静か”。 ◎パソコンと無線でつなげる ◎充電式のバッテリー搭載で配線いらず

激震!オナリズム


COBRA libre(コブラ・リブレ)やPULSEⅡ(パルス2)などは、日本でも人気の高い海外製の”高級亀頭マッサージャー”。その高級亀頭マッサージャーをNLSが日本人向けに作成したオリジナル商品が「激震! オナリズム」です。最大の特徴は値段が海外製の半分と激安なところ!毎分4500回転の高速振動スピードと、打つようなトルクのある振動性がアソコを強烈に刺激します。振動モードの種類はフラット・加速・ハイスピード・連続・強弱交互の5つ!電源はUSB充電式で、フル充電2.5時間で連続稼働1時間となっています。

A10ピストンBASIC


ピストン型電動ホールの機構には次の2種類があります。モーターの回転を直線運動に変換する”クランク式”(旧式)とレールとベルトで動かす”レールポジション式”(新式)。当然、新式の方が性能面でも静穏面でも圧倒的に優れています。新式のレールポジション式は最高級マシーン「A10サイクロンSA」で採用されていますが、価格を抑えることができないのが最大のネック。旧式のクランク式を採用して価格を抑えた上で静穏面や性能面を最大限まで高めたのが「A10ピストンBASIC」です。

NLSピストン


RENDS社の”A10ピストン・SA”が開発される過程でいくつか作られた試作機のうちの一つを姉妹会社のNLSが商品化したモノです。バージョンの低いものが安く提供されていると思ってください。”A10ピストン・SA”の専用ホールがそのまま使えるのがありがたい。ストロークのパワーは強力すぎるほどで申し分ありませんが、本体サイズがコンパクトじゃないのと静音性の面で大きく劣ります。当機はNLSのオリジナル商品として販売されておりNLSでしか購入できません。

A10サイクロン


「R-1」コントローラーが品薄で入荷待ちだったり、大震災で店頭から電池が消えた時期と重なるので、A10サイクロンを購入した当時のことはよく覚えています。インナーカップは本体に付属のメデューサヘッドの他に”クリスタル”、”ローリングフェラ”の2つを購入。基本的にどれも3分と持ちませんが中でも”クリスタル”の亀頭をこすり上げられる刺激は痛いくらい強烈。1分も耐えられず”秒殺”でやられました。回転のパターンやスピードがランダムで予測できないため誰かにしてもらってるような感覚を覚えます。

 購入レビューと画像

MAIKO-DOS(マイコ-どす)


低価格帯のバーチャルセックスマシーン。2万円以内で購入できる価格が強み。「A10サイクロンSA」の性能にはさすがに引けを取りますが「+1D(プラスワンディ)」テクノロジーで作成された動画に連動して動く基本的な仕様は一緒です。本体にはオナカップとサンプル動画が1つ付いてくるので買ってすぐに使える。動画に連動させることなく電動ホール単体として楽しむことも可能。

 購入レビューと画像

ブラックロック7


A-Oneの亀頭マッサージャー「ブラックロック」がグレードアップして「ブラックロック7」になりました。ダブルローターはそのままに振動リズムのパターンが7種類に増えました。わずか1,000円でこの機能はすごいと思います。もう一つの変更点は振動モーターの位置。前作はダブルローターが亀頭の左右に1つずつ付いていましたが、今作は尿道と裏スジが刺激できる位置に付いています。ブラックロックシリーズは単四電池を使用して本体をコンパクトに設計しているのも特色の一つ。「ブラックロックXXX」も購入しました。

 購入レビューと画像

HEAT-BEAT(ヒートビート)


今までありそうでなかったヒーター機能が付いた電動ホール。スイッチを入れて5分ほどで40度近くまで内部温度が上昇します。動作は3段階の振動のみとシンプルですが、バキューム力のある構造から疑似フェラ体験ができると評判です。強刺激でイクよりロングプレイを楽しみたい方に最適。高い静音性を誇っているのと完全防水なので水洗いもOK。電源はUSB充電式で、フル充電までは約1時間、連続可動は約150分。メーカーはディルドやアナルグッズ・SM用品を主に製作している”ワールド工芸”

 購入レビューと画像

ディープスロートローター


タマトイズの電動ペニスマッサージャーは16種類もの振動パターンを持つ優れもの!第一弾 「電撃DUALウェーブ16」、第二弾「グランスDUALシェイカー16」は亀頭に”樹脂キャップ”を装着するタイプでしたが、第三弾「ディープスロートローター」は亀頭だけでなくペニス全体をカバーする形状に進化!ペニス全体が刺激されることによりフェラチオのディープスロートのような快感を味わうことが出来る!。ただ、一つ重大な問題点が・・・全長12.5cmのサックに収まる標準的なアソコの持ち主でないと気持ち良さが半減してしまう。これは持ち主を選ぶマシーンなので買う時には注意が必要です。

 購入レビューと画像

プチ・ソム


家電並みの電源100Vパワーで、夢の”ピストン運動”が実現可能となったオナマシーン「メンズ・ソム」が改良され、小型の普及バージョンとして生まれ変わったのが、このプチ・ソム。専用のホールが付属していますが、自分の好きなホールを設置して使うことも可能です。値段は高めですが、評判のよいロングセラー商品。ただ、後から登場した「A10ピストン」よりも高いので、これから買おうという人は少ないかもしれませんね。

サイト内で購入者の多い人気のお店!Best3


 NLS
国内最大手。即座に注文を追加・変更できる業界屈指のシステムを持つ。

 エムズ
秋葉原に6階建ての店舗ビルを持つ有名店。オナホ以外のグッズも豊富。

 大人のおもちゃ通販大魔王
国内に自社工場を持つ。他では買えないオリジナルグッズが人気。


購入レビュー

ご訪問ありがとうございます。当サイトはレスポンシブWEBデザインで”スマートフォン”にも対応しています。メニューの見方がわかりづらい方は「サイトマップ」からご覧ください。

Page top icon